野菜と夏野菜について

野菜と夏野菜とは
あまり区別されていないのですが、

夏野菜カレーなどのレシピの浸透からか、
夏野菜と言う野菜の区別が
定着してきたように感じます。



野菜を買う際に、
野菜と夏野菜を区別して購入する方は

あまりいらっしゃらないとは思いますが、
では夏野菜とはどういった野菜をいうのでしょうか。



簡単に説明すると、主に夏に収穫されている
野菜を「夏野菜」と呼ぶようになり、

その夏野菜をメインとして使った料理などの
メニューに「夏野菜の○○」などと
使われるようになったようです。



代表的な夏野菜と言えば、
ナス、トマト、きゅうり、ピーマン、

とうもろこし、オクラ、かぼちゃ、
ズッキーニなどが人気の夏野菜で、

カロチンやビタミンが非常に豊富な野菜で、
夏バテも良いといわれている野菜なのです。



またこれらの野菜は、
今ではハウス野菜などもある事から、
年中通して食べる事が出来るのですが、

この夏の時期のビタミン等の含有量が多い野菜や、
あるいは夏に合った調理方法で調理すると、

栄養が保てる野菜など、野菜も時期と調理方法で
私達に与える味も影響も変わってくるようです。



夏バテの多い夏には、
夏野菜で栄養とビタミンを補給して、
しっかりと夏を乗り切って行きましょう。


スポンサード リンク

夏野菜とカレーの人気

夏場になると夏野菜が店頭に並ぶようになり、
それと同時に巷のレストランでも
夏野菜を使ったカレーが人気商品になってきます。



野菜は年中通して作られていますし、
カレーだって年中通して
食べられているものなのですが、

何故か「夏野菜のカレー」って聞くと、
食べたくなってきませんか。



もちろん冬場で聞いても
そんなに気にならないのですが、

暑い夏場を乗り切るためには、
夏野菜とカレーのマッチングで、
がっつり食べて、ガッツリ汗をかいて、

そしてしっかりと栄養補給が出来ている、
そんな感じがしてくるのではないでしょうか。



野菜を夏野菜のネーミングに変えて、
合わない野菜は無いと言われている料理である
カレーとマッチさせた事で、

今では夏の定番メニューにもなっているのでは
ないでしょうか。



また野菜は旬に食べる事が
一番おいしい時期でもありますし、

夏野菜には暑い夏を乗り切るための
ビタミンやミネラル、

カリウム等の栄養素だけでなく、
水分も多く含んでいる事から、

体温を上昇させない効果もあるそうですので、
暑い夏を乗り切るには
ピッタリなのではないでしょうか。



また野菜嫌いのお子さんでも、
嫌いな人が少ないカレーと一緒に組み合わせる事で、
食べやすくなっているのかもしれませんね。



夏野菜とカレーの人気は、
今後も夏の定番となるでしょう。


スポンサード リンク

野菜サラダと夏野菜がたっぷりと含まれた夏野菜カレーを
一緒に頂くと夏バテも暑さも吹っ飛んで、
一気に胃袋からパワーがみなぎって来るような気がしますね。