野菜とカレーと夏の関係

野菜には色とりどりとの野菜がありますが、
夏場になると特に赤や黄色や緑などの

カラフルな野菜が目に付く
時期なのではないでしょうか。



このカラフルな色合いと、旬の味、
そして暑い夏をしっかりと乗り切るための

ビタミン類やミネラル成分がたっぷり詰まっている、
それが夏野菜だと思います。



ちなみに冬場を代表する野菜と言えば、
根菜が多く、大根やカブなどでお分かりのように、
白色系統のものが多くなってきますね。



また夏野菜には水分がたっぷりと含まれてるので、
暑い夏場の体温上昇の抑制や、
体温を引き下げる効果も期待出来るようなのです。



そもそも夏バテとは、
直射日光を浴びすぎたりして汗をかく事で
ビタミンが消耗したり、

動いただけでエネルギー消費量が多いと
言われているのですが、

夏場に一番バテる原因として
挙げられているのは体温調節らしいです。



夏場に体温を下げようとする行為は、
体に負担が大きいようですので、
夏野菜をしっかりと取って夏バテを防ぎましょう。



そして夏野菜と言えば、
カレーのイメージが強いのではないでしょうか。



実は夏野菜を使った料理は
なんでもいいのでしょうが、

野菜が苦手な方などは、
サラダよりもカレーの方が食べやすい事もあり、

またカレーに含まれている香辛料や
カレーパウダーが夏の体には良いみたいです。



また熱を通した方が良い夏野菜もありますので、
夏野菜とカレーの人気が出てきたのではないでしょうか。


スポンサード リンク

野菜サラダと夏野菜がたっぷりと含まれた夏野菜カレーを
一緒に頂くと夏バテも暑さも吹っ飛んで、
一気に胃袋からパワーがみなぎって来るような気がしますね。